東京で相続の手続きや遺言に関してお困りでしたら【行政書士・セキュリティコンサルタント長谷川憲司事務所】へ~内縁の妻・夫は相続人になれるのか?~

東京で相続の手続きや遺言に関してお困りでしたら
【行政書士・セキュリティコンサルタント長谷川憲司事務所】へ
~内縁の妻・夫は相続人になれるのか?~

東京で相続の手続きや遺言に関してお困りの方は
【行政書士・セキュリティコンサルタント長谷川憲司事務所】へ

東京で相続の手続きや遺言に関してお困りの方は【行政書士・セキュリティコンサルタント長谷川憲司事務所】へ

東京相続手続き遺言に関してお困りでしたら、【行政書士・セキュリティコンサルタント長谷川憲司事務所】にお問い合わせください。

相続支援や遺言作成サポート、遺言執行者就任、任意後見サービス、終活サポートなど、相続・遺言に関する幅広い業務を行っています。

皆様の悩みや不安を分かち合い、少しでもそれを取り除けるようにサポートしますので、ご相談の際は些細な点もお伝えください。

内縁の妻・夫は相続人になれるのか?

夫婦と同じように暮らしているものの、婚姻届を提出しておらず、法律上は配偶者ではない内縁の妻・夫。夫婦と同様に貞操義務や日常家事の連帯責任など、同様の義務権利があるため、相続人になれると思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、内縁の妻・夫は法律上、法定相続人としては認められていません。民法では、子、孫、父母、兄弟姉妹などと配偶者が相続人だと定められているためです。ただし、相続人になれないからといって、遺産を受け取れないとは限りません。遺言に内縁の妻・夫に財産を残すことを記載していた場合は遺産を受け取ることが可能です。

また、被相続人に相続人が1人もいない場合、家庭裁判所に申請を行い「特別縁故者」として認められれば、財産を一部、あるいは全部受け取れるケースもあります。

東京で相続に詳しい専門家に依頼をするなら

東京で相続に詳しい専門家に依頼をするなら

東京で相続の相談を承る【行政書士・セキュリティコンサルタント長谷川憲司事務所】では、随時皆様からのご連絡をお待ちしています。

2017年4月に開業をしてからというもの、東京の方を中心に依頼を承ってまいりました。これからもより多くの方々の力となるべく、活動していきたいと考えていますので、遠慮なく悩みをお話ください。

丁寧にお話を伺った上で、スムーズに相続の手続きが済むようにそれぞれの事情に合ったアドバイスをします。

お役立ちコラム

東京で相続についてプロに相談をしたい方は
【行政書士・セキュリティコンサルタント長谷川憲司事務所】へ

会社名 行政書士セキュリティコンサルタント長谷川憲司事務所
所在地 〒157-0073 東京都世田谷区砧3-13-12
TEL 03-3416-7250
URL khasegyousei.tokyo